VNC設定からの続き。
モニター外したらVNCクライアントで接続しても真っ暗になったので仮想スクリーンを設定しておく。

参考記事
systemdでXvfbをデーモンとして起動させる

#systemdへサービス登録
sudo nano /etc/systemd/system/Xvfb.service

[Unit]
Description=Virtual Framebuffer X server for X Version 11

[Service]
Type=simple
ExecStart=/usr/bin/Xvfb :0 -screen 0 1366x768x24
ExecReload=/bin/kill -HUP ${MAINPID}

[Install]
WantedBy=multi-user.target

#リロード
sudo systemctl daemon-reload

#サービスを有効化
sudo systemctl enable Xvfb.service

#サービスを起動
sudo systemctl start Xvfb

#環境変数設定
sudo nano /etc/environment
#最終行に追加
export DISPLAY=:0

多分ディスプレイ繋いで使おうとすると問題出ると思うけど、完全にヘッドレス運用のみ行う場合はこれでいいんじゃないかな、と思う。
動いているので。